J1開幕そして3.11

2年ぶりに大宮の駅を降り、歩いてナック5に向かった。
昨年の今ごろは次の試合のことはおろか自分自身の1ヶ月先、2ヶ月先が不安な毎日を送っていた。
ロフトの中を抜けてオレンジロードを少し行ったところで、初めて東京の試合を観戦に行くという女性に声をかけられた。スタジアムへの道がわからないので同行していいだろうかと言うのだ。
もちろん喜んで一緒に観戦することにした。初めての観戦は戸惑いが多いものだし、しかもアウェイとは・・。なぜ次の味スタでなく?と思ったが、その女性Tさんは渡辺千真選手の大ファンで一緒に移籍してきたというのだ。千真さん、偉い!
シーズンチケットを購入するにあたって席種の違いについても質問された。

わたしたちはナオと一緒に横浜から移籍してその後ずっと青赤でいる友人知人を知っている。
千真さん、あなたも末永くここで活躍してください。

きっと次の味スタに向かう道では、心は緑だが青赤のマフラーを巻いた若い人がわたしに声をかけてくるかもしれない。初めてホーム側で東京のサポーターに囲まれて見るので、一緒に行っていいですか?
いいよ!いいよ!

途中で氷川だんごを買い、スタジアムに到着、例によって訳のわからない待機列に並び、ようやく中に入り、かなり上の方に席を見つける。
c0068891_1682722.jpg
ぎゅうぎゅうのいっぱいだ。チケットは完売と聞く。
c0068891_1610569.jpg
大宮ゴール裏。ここではあまりやられた覚えはないが、向こうは落ちなかったチームであり、うちは落ちてしまったチームである。しかも、最初と最後は強いというチームなのだ。
c0068891_16111739.jpg
ゴール裏はすぐに売り切れてしまったので、バックスタンド側にも東京のファンがいるのはいつものこと。
c0068891_1613349.jpg
メイン側にも。しかし入場者数1万1千人と発表された。あれ?完売と聞いたのに。おそらく招待券を配ったのが来なかった人もいたのでしょう。天気もはっきりしなかったし。

キックオフ前に東日本大震災で亡くなられた方に黙祷を捧げた。
試合は東京の入りが悪く、はらはらの連続だった。開始10数秒で加賀がボールを取られ、権田と東が1対1になったときは開いた口が塞がらなかった。総じて動きが悪いのだが、ブリスベン戦よりも緊張しているのだろうか、コンディションの問題だろうか、これはハーフタイムにポポさんが怒るだろうと思っていたら、「寝てるのか!」とかなり激しく怒ったらしい。そうでしょう。

前半終了時には「アウェイだしゼロゼロでいいや」と思っていた。権田はやけに凄いので多分点は入らないような気がしたから。とは言うものの、BSで中継しているのだからファンを増やすためにもいい試合を期待したい。
c0068891_16265562.jpg
後半はもたもたしたところがかなり改善され、サイドの上がりも効果的になり、ナオの投入でよりリズムが良くなる。おーー気持ち良い。そうこうするうち、待望の先制点が、梶山のパスから生まれる。ルーカスのシュートも素晴らしかった(自身が認めている)が、昨日の梶山も八面六臂の活躍だった。今年はコンスタントに高いパフォーマンスを示し、東京の10番だけでなく誰から見ても、日本の10番候補として認められる成長を遂げて欲しい。
ナオのシュートがオフサイドと判定されたが、どうなんだろう。
c0068891_16391512.jpg
Tさんにとっては千真さんも出場して勝利し「シャー」も見られたし、数々の歌も聞けて、楽しんでもらえて良い観戦となったようだ。次のホームでもお会いしましょう!
c0068891_16432247.jpg
何があっても仲の良いりす・・。「負けたのはあんたがへたれだからよ!」と八つ当たりしないのだろうか、ミーヤは。(私ならしますね)

ナック5は出口が狭いので試合後に大渋滞を引き起こす。いつまでたっても出られないので、チャント祭りが始まった。長谷川アーリアのチャントが何度も歌われ、この歌を歌いたいだけじゃんというのはそのとおりだが、アーリアは良い歌をもらったね。懐かしの鏑木のチャントなども飛び出して、知らない人には解説が必要だった。

明大前に戻ってリブリで祝杯を上げ、帰宅してからまた飲んで・・とまだ1試合勝利しただけなのに大騒ぎの一日。次はホーム開幕戦だ。


今日は東日本大震災から1年。あの揺れを体験した誰にとっても重い1年だった。
まだまだ以前の暮らしに戻れずに辛い思いをしている人がいる。私がここにいることで誰かの力になれたらいい。
明日からも1日1日を積み重ねて。
[PR]
by inadafctokyo | 2012-03-11 17:33 | FC東京


<< ホーム開幕間近! 出すの?出さないの? >>