始動!そして新体制発表!

小平の練習場には過去最高の1,500人が詰めかけ、まったく前が見えません(笑)
期待の高さが伺えます。姿も見えず、声も聞こえず、でもそれは後でチェックすればいい、選手やスタッフやマスコミに対して何人集まったという数を示すのも大事。
c0068891_111216.jpg
というわけで、初日から気持ちの入った練習が繰り広げられたらしい小平から早々に離脱、暖かいところを求めてふらふら駅のほうへと向かいました。中途半端な時間でよしふじはもうやっていなかったので、駅前のインド・パキスタン料理の「ピースパレス」でカレーのランチセットとビール。新体制発表会まで時間がありすぎて困りました。散歩するには寒すぎる~。
本屋や喫茶店で時間を潰して、ルネ小平へ。
c0068891_119560.jpg
ポポさんと呼ばれたい監督とドロンパ(ユニフォームはまだ前のままw)
c0068891_11113965.jpg
相変わらずお茶目。昨日はバレーボールの応援にも行っていたみたいです。あっちからこっちへワープかw
c0068891_1116835.jpg
まずユルネバをオペラ歌手のヤマダダイスケさんが歌いました。
c0068891_1127640.jpg
オフィシャルがアップしたyoutube画像をご覧になっているでしょうと思いますが、狐につままれたような表情の橋本拳人。選手紹介がここに来て、なぜ引っ掛かったのか全くの謎です。FM西東京の人はもっともっと努力が必要ですよ。
選手紹介で印象に残ったのは河野ですね。気の強そうなプライドを感じさせる受け答えが良かったです。かなり悩んで、ぎりぎりで決めたという移籍。「もうヴェルディを出なくては」という思いはどういうところから来ているのか。心中を推測するとどうしても肩入れしたくなります。

今年のスローガンは
C・O・A Football 
「C」は Collective(コレクティブ):組織的に戦う
「O」は Offensive(オフェンシブ):攻撃的に戦う
「A」は Attractive(アトラクティブ):魅力的に戦う
組織的にはチーム戦術だけではなく、ファン、サポーターとも一体となって戦うという意味が含まれ、コアには日本の首都、東京を強く意識したものでもあるということです。

c0068891_11383386.jpg
2015VISION
壮大な夢を語るのではなく、地に足のついた目標を実現していこうというもの。
1.育成体制を確立してスターティングメンバーに5人のユース出身者を。
2.攻守に支配するサッカー
3.1試合平均3万人を目標にする。スタジアムをもっと楽しめるワンダーランドにしていく。
4.コミュニケーションの充実。その一環としてファンフェスティバルを開催。
5.地域でのスポーツの普及
6.FC東京ブランドの確立、23区内にも拠点を。
7.総合スポーツクラブを目指す。

3、4、5についてはこれまでの取り組み、昨年度の試みでスタッフも自信を持った部分もあると思います。
目標と各スタッフの間に溝があるということは無いはずです。
このビジョンにもスローガンにも賛同します。
立石強化部長は国内のリーグ、カップ戦、そしてACLを戦うために質量とも兼ね備えた陣容だと言いました。
ポポさんは言葉が通じなくても気持ちを通じさせることの出来る人だと思います。選手にも監督にも期待が持てました。
c0068891_135127.jpg
その上で問いたいのですが、この発表会は色々な意味でベストだったかどうか。
発表されたビジョンと齟齬が無いものであったかどうか。
場所の選定は良かったのかどうか、規模はどうか、演出は良かったのか、ひとつひとつの見せ方は良かったか、目指すものと乖離はなかったかどうか。

私としてはもっとやるべきこと、変えるべき点はあったと思います。
いくら地に足をつけてとは言っても、首都のクラブとしてもっと注目してもらうためにも、勿体無かったかなと思うのですが。
c0068891_136425.jpg
首都東京のクラブとして、いつでも期待をしてもらっています。その期待に応えられなかった一昨年の厳しい反応は決して忘れられません。
成績や試合の内容だけでなく、クラブとして発信することにももっと期待されていいのだと思います。
c0068891_13183646.jpg

[PR]
by inadafctokyo | 2012-01-29 13:21 | FC東京


<< 多摩川クラシコトークバトル~~ やるじゃん! >>