サッポロの夜は更けて・・

行ってきました!
さっぽろ~さっぽろ~おれたちの?さっぽろ 肉とビールのさっぽろ 魚介とビールのさっぽろ

6:30のJALの搭乗を待っていたら、いきなり地震。久しぶりに緊急地震速報のあのいやな音が。
スマホにしてから初めての音に凍りついて、脳裏にはあの仙台空港に津波が押し寄せる絵が浮かんでしまった。

千葉が震源だった。ざわざわする気持ちを宥めながら機内に乗り込み、無事に離陸、そして定刻には新千歳に到着したものの、機内で寝ていた私は着陸時の振動に悲鳴をあげて飛び起きた。てっきり地震かと思ったのだ。

到着ロビーで仲間たちと遭遇、オリラジのお二人にも遭遇。あっちゃ~んw

c0068891_1340429.jpg
サッポロドームは初めて。バスで1,000円もした。
c0068891_13413712.jpg
ヴェルディホームのダービー同様に待機列は混乱を極めていた。
c0068891_1342466.jpg
いたいた!いつものムトウさんちのドロンパ。
c0068891_13433072.jpg
アウェイサポーターはどこに並べばいいのかわからない。整理のスタッフに聞いてもはっきりしたことはわからず、あっちの方と方向を示すだけ。ドームをぐるぐる回って南側に到着すると、アウェイ側は並ばずにどんどん入っていた。
c0068891_13461319.jpg
昇格が決まるかもしれないというので、満員の赤黒いサポーター。
c0068891_13463987.jpg
コレオも準備。よく入ったね。ドームだから声がよく響いて、札幌の選手がボールを持つと大したことない時でも凄いチャンスのように声が津波になって押し寄せる。われらも頑張ったのだが、久々のアウェイ感であった。
東京はこの日、パスミスが気になった。ドームで距離感が掴めないのではということだったが、今更そんなこと言い訳にはならないね。後半に入っても改善されなかったし、札幌の選手の出足の方がはるかに良かった。カウンターのケアにしてもシュートへの反応にしても、ちょっと遅いという感じで2点を決められてしまった。
なんとか1点返して、2-1で札幌勝利。昇格を勝って決めた。負けあるいは引き分けでも昇格の可能性が高かったわけだが、自分たちで勝利して決めたことは非常に価値があること。
おめでとう。まだ景気冷え込む北海道にとって、良い知らせになったねぇ。

東京は優勝チームとして、今期最後の試合として、もうちょっと骨のあるところを見せてほしかった。普段着どころかよそいきどころか寝巻きのサッカー?
しかし、試合後にはこんなお楽しみが。 試合中はビール飲んだり肉食ったりしにきたわけじゃないぞ!と強く思っていたわけだが、しょーがない。
c0068891_1433254.jpg
サッポロビール園にて総勢198名によるJ2卒業記念大パーティーなのだぁぁぁ!!
サッポロのサポーターグループが1階の半分位いて、私たちが地下1階を埋め尽くす。どっちのホームじゃい!ってほどの盛り上がり。クラシック生、エビス黒生、ハーフ&ハーフ、ワイン、その他飲み放題、ラム肉野菜も食べ放題、ってことでビール、ビール、肉肉、ビール、野菜、肉、ビールビール、ねぇまだーー?もう取りに行っちゃおう!
そのうちチャントとか始まるし、支配人コールとかやっちゃうし、やっちまえ、やっちまえ、とか焼いちまえとかね、もうね。
c0068891_1413516.jpg
私は友人と会う約束が会ったので、まだまだ盛り上がりそうなところで失礼した。外は静かに降り続く雪で別世界。
c0068891_14144367.jpg
このあたりの雪はさらさらだったが、札幌駅近くまで出ると水分の多い雪だった。
c0068891_14154123.jpg
この後、魚介の旨い店で地酒「北の誉」をしこたま飲んだ。
コンサドーレ立ち上げ時から関わりのある友人は非常に喜んでいたのだが、石崎監督の評価は低いようで先行きを若干案じた。頑張ってね。(他人事)

明日は小樽である。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-12-07 14:27 | FC東京


<< 高円宮杯プレミアリーグ イース... いざゆけ!仲間たち >>