明日は国立!俺たちの!

次々試合がやって来るので、追いつかないのである。
鳥栖戦は硬い試合だった。観客数にしても、内容にしても、鳥栖にとってはベストゲームだったのかもしれない。
現地で観戦された方は面白かっただろうと思う。

横浜戦、鳥栖戦と心動かされる試合があれば、それを伝える方も力が入る。
私たちのような素人も、それを仕事としている人も。
J'sGoal、エルゴラ、東京中日、トーキョーワッショイそれぞれに伝えるべき言葉があった。
鳥栖戦も内容に相応しい引き締まったレポートの数々が読めたのは嬉しい。

明日は国立で恒例の法人サービスチケット対象の試合となる。
法人向けに、千円でビール付きか勝サンド付きかソフトドリンク付きか選べるという大変お得なチケットが販売され、毎年私の部署でも楽しみにしてくれている。
先に出させて貰って席を取ることにしている。一気に寒くなりそうだが、ワクワクできる試合をお願い!
それには、私たちがワクワクする空気を作り出さなければいけないね。

横浜戦で集中力の高い、良い試合になった要因には、私たちの力も大きいとトーキョーワッショイの後藤さんがレポートしていた。
そしてさらに、あのアディショナル・タイムでの得点は、小平での練習と1試合を通じてのトライの繰り返しの賜物であり、チームの総合力を示したものだとも。

どのような展開も楽しんで盛り上げたいな。

明日はサッカーキングのFC東京特集の販売、ソシオDVD販売等もあるので、ちょっとバタバタもしそうかな。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-10-26 00:02 | FC東京


<< ナビスコ決勝戦をJFKと 幸せに包まれるスタジアム >>