久々のダービーはいろいろ○○だった

c0068891_1183682.jpg
再開後の千葉戦、札幌戦を見て、そんなにすぐに得点力不足が解消されるとは思っていませんでした。でも淡い期待は持っていたのですが、前半で脆くも消えうせ、内容は求めないからどんな形でもゴールを決めて勝利して欲しいと願う羽目に。
セザーが2枚目のイエローで退場になってから、ようやくギアが入ったようになりましたが、ゴールは遠かったですね。すぐにボールを失って倒れるセザーに安心してボールを預ける気にはなりませんが、交代させたくても控えがまたもっと役立たずな印象のペドロでは、アウェイバックスタンドで日に照らされながら、自分を励ますことが大変でした。10番がまたミスが多くて・・・。天を仰ぐ姿を何度見たことか。
個々人の能力で耐えて無失点に抑えた印象。
一人少ない状況で0-0の結果にブーイングは厳しい反応という声がありましたが、私はブーイングもやむなしと思っています。心の中では私もブーイングをしたいほどでした。ダービーは勝たないと!
このまま、待っていてなんとかなるものでしょうか。大熊さんは私が東京を見始めたころの監督で、人間的には好きです。平山が抜け、米本が離脱し、震災の影響もありました。でも、ここまでの試合を見て、ダービーに勝てなかったら監督交代もあり、と試合前に公言したのですが、その考えに変わりはありません。
今年昇格するという目標はクラブの約束ですから、希望的観測ではなくて現実的に対処してほしいと思います。
c0068891_1524335.jpg
一人二枚持ってなんとか形を整えました。
ヴェルディの運営がまた、まずくて。
開門してからと思って向かったら、まったく待機列は解消されていないばかりか、どんどん長くなっていくような気がするほど。入場待機列、上層階を開放するタイミング、警備員の対応、何から何まで疑問符がつく運営だったのは残念でした。主催者と運営会社との間でどのような打ち合わせがあったのか、入場料を払ってきているお客さんだという意識は感じられず、何も問題を起こさせないようにということだけに注意を払っていたとしか思えません。
騒動を引き起こした人物に同情も肩入れもしませんが、警備スタッフの過剰な対応も一因だったとは言えるのではないでしょうか。

ライターの海江田なんとやらがダービー盛り上げ企画にFC東京が乗らないとか愚痴を言っていましたが、まずまともな運営をできるようになってからにして欲しいものです。

タイトルの○○はクがつく言葉。
日本にも東北にも東京にも希望が必要です。
羽生さんは良かったと思います。次はもうちょっとなんとかなりますかね。。。
[PR]
by inadafctokyo | 2011-05-05 15:19 | FC東京


<< 迷いを断ち切れ 今日は青赤の日! >>