龍馬の平日

*タイトルを間違っていました。なぜか「龍馬の休日」と思い込んでいましたが、「龍馬の平日」です。大変失礼いたしました。

新宿で、東京熱血サポのもっさんが出演する芝居「龍馬の平日」を昨日観にいってきました。

今のこの時期に上演するに相応しい作品に仕上がっていました。

龍馬をテーマにした映画を撮影中の現場に坂本龍馬と名乗る男が現れる。
それはタイムトラベラーなのか、本物の龍馬か影武者か?

龍馬が未来を見て言う。

「武士も農民も無い自由な世界!」
「みんな生き生きしている」

それは私たちの世界なんでしょうか。
素直な感動を伴った龍馬の言葉が痛烈な皮肉としか思えないのは、なんと悲しいことでしょうか。

前回の上演とはかなり脚本にも手が加えられ、それはおおかた成功していると思いますが、かえってごちゃごちゃしてしまったところもあります。
坂本龍馬はみんなが知っているという前提があってのことでしょうが、一度”坂本龍馬って?”という視点で整理してみると、いらないところと付け加えるべきところが明確になるのではないでしょうか。

震災後の状況を考えて、笑ってリラックスしてもらおうという部分も書き加えられていてそれは良かった部分です。

上演は本日まで、お時間のある方はお出かけください。
本日は13時と17時です。チケットを買う際は必ず串田扱いで!

「龍馬の平日」
[PR]
by inadafctokyo | 2011-04-17 10:02


<< おとゝひはあの山こえつ花盛り 京都ぶらぶら >>