せんがわ劇場 演劇コンクール第1日目

調布市と近郊で舞台芸術活動をしている劇団、グループを支援するためにせんがわ劇場を舞台に始まった演劇コンクール。第2回目の今年は「F.C.TOKYO~FC東京のあるまち」をテーマに8つのグループが2日に亘って競い合います。

1日目の今日はこの4団体。

1.オペラ工房「多摩川土手のサッカーボーイズ」
2.すこやかクラブ「けられる女」
3.ZIPANG Stage「青と赤のスタジアムで」
4.大正直劇団「A day of supporter's life」

それぞれの作品の評価、感想は全て終わってから載せます。
結果がある程度わかってしまいますので。

審査員は俳優、演出家などの専門家審査員とわたしたち市民審査員、そして阿久根社長とフジの特別審査員がそれぞれの賞(グランプリ、オーディエンス賞、FC東京賞)を決定します。

サポーターとして見て違和感がないもの、共感できるものもあれば、FC東京を強引に入れたなと思うものもあります。
東京のことを良く知らない審査員の方は、私たちサポ審査員や東京ファンと思われる観客の反応を面白がっていました。
ツボに嵌るキーワードが出てくると沸きますからね。
どの団体もFC東京という素材に真摯に向き合っています。
明日も楽しみです。

入場無料ですが、どの程度空きがあるかは劇場にお問い合わせください。

せんがわ劇場
[PR]
by inadafctokyo | 2011-02-12 23:54 | FC東京


<< F.C.TOKYO〜FC東京の... お知らせ二つ >>