清清しい試合

毎日FC東京を見ている馬場康平さんが「勝つ可能性はゼロではない」 「東京劇場が開催されるかもしれない」と書かなければならないんです。(笑)

後藤健夫さんは「勢いだけ」とばっさり。

そりゃそうですよね。決して楽観はしていませんが、悲観もしていないのです。
思い切ってやってほしい、それだけですね。
せっかくですから。
もうこれ以上悪いことなんて起こらない。怪我は気をつけてくださいね。
ああ、楽しみだ!あした天気になあれ。

26日朝、やっぱり思い立って大阪に行ってきました。
どんなに寒くてもユニフォームでと決めていたので、下にいっぱい着込んでホカロン入れて18番を着ていたのですが、寒いという言葉では言い現せないほどでしたね。
c0068891_1650139.jpg

c0068891_16514524.jpg

c0068891_1702942.jpg

c0068891_1704844.jpg

c0068891_1712721.jpg

c0068891_1714460.jpg

c0068891_1773244.jpg

c0068891_1775047.jpg
3回追いついたのですが、4回目はありませんでした。マリノスは強かったです。
両チームともボール際にも気持ちも強い良いチームでした。

東京は佐々木君が怪我で出られないのは影響があったかもしれません。ちょっとだけ運も無かった。
でも本当に頭も体も持てる能力すべて十分に使っての結果だったと思います。
私は納得しています。
こんな清清しい後味の試合を見せてくれてありがとう!!

東京に居た何年間がこれからのあなたたちの苦しい時を支えてくれることを願います。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-12-28 17:35 | FC東京


<< 全日程終了 ナオはやっぱりナオ >>