ため息とえーはやめてみようか

と言ってももうリーグ戦はあと1試合しかないが。
私達はプレイ中にミスがあったり、望ましくない選択がなされたりすると、えーって言ったり、ため息をついたりするよね。
普段はそれでもいいと思ってる。

「大きく振りかぶって」で監督のモモカンが応援団長の子に言うの。生徒達が萎縮しないように、観戦中にチャンスを逸しても親にため息をつかせちゃダメ!

それは高校生だからであって、プロの場合は"えー" "あーー" はありなんじゃないかと思うの。

あの佐原さんもびびったということですけれどね。

ただし、今は普通と若干違うから控えた方がいいかもしれないね。

とにかく私達は信頼される親のような友人のような存在になって、背中を力強く押してあげないといけない。

ただし、(何度もただすなw)あくまでも平常心を保たなくてはいけないから、ただ力が入ってもいかん。
山形戦はゴール裏もちょっとだけやっぱり、いつもと違う空気に支配されていたのかな?
少しだけど重い感じがした。リズムが引き摺って弾んでない、半音低いような。

私たちがテンポ良くリズムを取り戻せば大丈夫だよ。

こんな状況はなかなか無いから、もうはっちゃけよう!

絶対笑って東京に帰って来ようよ!


選手のみなさん、来年もこんなにみんなに気を使って貰えるって訳じゃ無いよww
逞しくなってくださいね。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-11-30 00:08 | FC東京


<< 絵に宿る魂 私は全力で大丈夫って言ってあげる >>