名古屋で勝ち点3奢ってもらった

トヨタスタジアムはサッカー専用スタジアムなので、ピッチが近くとても見やすい、きれいなスタジアムでした。
現地の私たちには、選手の気持ちが太鼓の音のように振動を伴って、伝わってきました。
それはおそらく”近さ”もあってのことだったでしょう。
奮闘していましたよ。

自陣ゴール前での守備では平山の穴を埋めるために、誰もが身体能力と計算と勘を最大限に発揮していました。
ケネディに対して、圧倒的に小さい(一般的な日本人としては決して小さくない)今ちゃんやむっくんが、しっかりマークして少しも引けを取らないのです。
大黒は後半になってもセットプレイの守備では的確なヘッドでクリアするのです。

梶山がトップ下に入って大きな期待にこたえる働き、1トップの大黒も自由に動けてやりやすそうでした。

ナオもリカも相手にとって危険な存在になり、守備でも奮闘しました。

先制点であり、貴重な決勝点は梶山と森重と大黒の確かな技術力が生み出したものです。

選手たち全員の激闘に応えないわけはなく、試合後はくたくたになりました。

c0068891_14535586.jpg
いいところでしたよ。長い橋を渡っていきます。周囲は田んぼや畑もあるところで風が強いです。

c0068891_14553617.jpg
今日は勝たなきゃ、勝ちそうって思っていました。いや、別にアウェイだから、味スタじゃないからっていうわけじゃなく・・・
c0068891_14575822.jpg
天気が良いのに屋根閉めて、おかげで寒かったんです。でも屋根の開閉には1日がかりだそうで、急きょ開けることはできないんですね。おや?向うに見えるは不吉の☆ではないか・・・
グランパスさん優勝おめでとうございます。私にはわかっていましたよ。金持ちは太っ腹だってね!
c0068891_1525041.jpg
私は大黒さんには来期も居て欲しいと思っていますよ。
ゴールは動かないから、感覚で打てるようにしろと相太に言ってくれたんですね。


ストイコビッチ監督が森重のプレイに関して言及しました。
汚いプレイというのは競り合いより大げさに倒れたことを指しているのでしょうか。
しかし、そもそも小突いたりしなければいいのであって、TMTさんが切れるのは本人の人間力の足りなさではないでしょうか。
大体、殴られても見逃す審判がいるようでは、大げさにアピールしたくもなりますよね~。

私だって、実は大げさなアピールは好きではありません。
まあ、時と場合を選んでほどほどにお願いしたいと思います。

そしてストイコビッチ監督の苦言は負け惜しみではなく、森重の才能を大事に思っているからこそだと思って、一応ありがたくご忠告を頂いておきますが、お宅のTMTやケネディの汚いプレイはちゃんと指導しているんでしょうね?でないとなーんにも説得力はないよ。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-11-24 16:39 | FC東京


<< 憎まれっ子世に憚る 楽しめ、無理しても楽しめ >>