ああ松島や松島や写真はやっぱり勘で撮る

JR東日本の日帰り伊達な旅 松島かき小屋 で行ってきました。アウェイ遠征です。
c0068891_10263667.jpg
石の森章太郎さんの電車は仙石線。
c0068891_10265595.jpg

c0068891_1031972.jpg

駅から歩いて15分くらいのところにあります「かき小屋」
当日券の人たちが小屋の前で待っています。
c0068891_10334835.jpg
8人がけのテーブルで牡蠣の鉄板蒸し焼きが始まります。
c0068891_10352558.jpg
蓋を開けてからは喰って喰って喰いまくります。おばさんが牡蠣の開け方を指導してくれます。開けて食べ開けて食べ、減ってくるとスコップで真ん中にがががーっと牡蠣が足されます。1時間食べ放題ですので、その時間内であれば何度でも!
c0068891_1040644.jpg
足元の石油缶に牡蠣殻を入れていきます。石油缶もお代わりしました。
スコップ山盛り3回足されました。うちのダンナと私のペアが一番食べたみたいです。女性3人の家族がその次、男性二人組はまったくダラシナイ。途中で帰ってしまうし、牡蠣ごはんも食べないし。
でも時間目一杯食べて試合に遅刻しましたよ。
c0068891_10501355.jpg
駅で歓声が聞こえてきて、あー先制されてしまったと思ったら、東京が先制していました。
c0068891_10524099.jpg
真吾の幕。青赤です。誰かが託したのでしょうか。試合後のゲーフラ騒動は今日知りました。
c0068891_1142779.jpg
2点目は相太。この後10分くらいはひらやまチャントで祭り状態でした。ここまでは良かったんだけど。
c0068891_1161014.jpg
後半も時間が進むとなぜああも動きが悪くなるのでしょう。危ない危ないとはらはらしていると大抵取られてしまう。メンタルの問題なのか体力的な問題なのか。せっかくの勝ち点をみすみす失ってしまいました。
このような試合で勝ち点を失っては残留は厳しいと言わざるを得ません。私たちは乏しい資金をやりくりしてどこにでも駆けつけ、声を振り絞って応援することしかできません。ピッチ上の問題は自分たちでなんとかしてください。
試合後、崩れ落ちそうな心と体を立ち上がらせて、拍手を送ったサポーターの気持ちに絶対にこたえてくださいね。

試合後は勾当台公園の「地雷也」へ。
仙台に長く赴任していた人から聞きました。
c0068891_11175069.jpg
突き出し
c0068891_11181574.jpg
さんまの刺身。東京あたりとは新鮮さが違います。この艶!
c0068891_1119268.jpg
牡蠣とかき揚げてんぷら
c0068891_1120496.jpg
鳥の半身を炭火で焼いて。香も歯ごたえも抜群。
c0068891_11213695.jpg
何といっても炭火で焼く魚が絶品です。吉次(きんき)を頼みたかったけど、その日の料金は5,500円と聞いて諦めました。これは鰊です。旨かった。酒は於茂多加、辛口でさらっとした魚介によくあう酒でした。
帰りの新幹線は青赤地域振興会のみなさんがたくさんいらっしゃいました。もちろん私も一員です。

※牡蠣を山ほど食べたダンナは今日40キロのランニングが非常に楽だったと言います。東京の選手たちも試合前日には牡蠣を食べたほうがいいですね。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-10-17 11:29 | FC東京


<< ビッグフレームス交歓会 美味しいものでも見てお寛ぎください >>