味スタでの勝利は持ち越し

ナビスコ杯準々決勝 対清水 第1戦は1-1
平日の味スタ開催はいい条件ではありません。
わたしも無理矢理に定時前に会社を出てしまいました。
皆さん、7時に飛田給に到着するために色々な手を使ったのでしょうね。

清水は中2日でのゲームでもあり、リーグでも好位置につけ、無理をせずに現実的な戦い。
東京は今の段階で連覇を掲げるのは現実的でなく、復調のきっかけを掴みたいところです。
私にとってはここ最近の試合の中では、最ももどかしさを感じることが少なかった試合でした。
内容的には東京の方がアグレッシブで良かったとも思います。あとちょっとですよね。そんなにのんびりはしていられませんが、どんと構えているしかないな、わたしたちは。

昨日はいつもと違う場所で観戦しました。ゴール裏のメイン寄り、おかあさんと子どもたちが多い辺りです。この頃のバックスタンドの雰囲気とは違った居心地でした。
私の周囲で聞かれた、試合の流れの中で発する言葉も、選手を励まし、鼓舞する内容でした。

もちろん一部ではあるのですが、あんたはなに様のつもり?と振り返りたくなるような野次や、ネガティブな言葉を吐き散らす輩がバックスタンドでは気になるんです。
どれだけサッカーが分かっているつもりか知らないが、周囲を不愉快にさせてますよ、そこのあなた。


明日は天皇杯第二回戦の対戦相手が決まります。ヴェルディユースか駒沢大学ですね。
どちらでも構いませんが、J1下位の底力を見せつけてコテンパンにして欲しいものです!
[PR]
by inadafctokyo | 2010-09-02 22:40 | FC東京


<< 調布の田んぼのかかしたち 日本中どこに行っても暑いのだ@神戸 >>