鹿島戦 1-1 

鹿島はもう飽きたなー何もかもってことで、今回はリブリ観戦でした。

でもこういう試合は現地のほうがいいですねー。

テレビ観戦だと細かいところに目がいって気になります。

内容が良くても勝ち点が取れない、下から数えたほうが早い順位には誰しも納得がいきませんし、これでいいのかという疑問も芽生えてしまいます。なんとしても今節は勝ちたい試合で、アウェイ鹿島。
相手にとって不足なし!と言いたいところですが、梶山が負傷、そして羽生も・・。

前半0-0であればとの願いも空しく、鹿島にセットプレイから先制されてしまう。攻めても攻めても点が取れない。いやいやこれはひょっとして恐怖の負けパターン、3連敗か、特に後半のミスの多さにはため息ばかりだったところ、最後に今ちゃんがやってくれました。

パスミス、シュートミスはピッチ状態の悪さが影響していたようですが、あれだけミスが出たら引き分けで御の字という気持ちと、それでも勝てていたのではないかと欲張る気持ちと半々です。

後半ばったり足の止まった鹿島にはもっといやらしく狙って欲しい気もしましたがね。

梶山、羽生が出場できない中での鹿島相手に決して消極的にならずに勝ち点1は前向きにとらえるべきでしょうね。

いろいろあって、神戸戦まではアウェイはリブリで見ることになるでしょう。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-08-15 16:10 | FC東京


<< 鮟鱇になったような気がした試合 佐渡へ その2 >>