大黒くんがやってきた

明日はびっくりするようなことがありそう・・なんて呟きがあったりの昨日。

そして本日、新聞、公式と次々に発表され、お昼には小平でランニングする大黒目撃情報が流され、トレーニング後記者会見が行われました。

いろいろな感想があるんですね。
ちょっと複雑な。

新品じゃないものにはそれぞれ辿ってきた歴史があり、癖があります。(新品だってちょっとはあるんですけどね)

それがどうもなーと思う時もあれば、そこが気に入る時もあります。

twitterで小平での会見の模様を呟いてくれた関係者がいまして、会見が始まる前の写真をアップしてくれました。
椅子に寛いで腰掛けて、足を開いて・・。会見が始まる前とは知りませんから、年が上から2番目なのにマスコミ対応にこの態度はないでしょうと思ってしまいました。

実際にはインタビューの時は立って話していた様子がJ'sGoalなどにもアップされています。

僕は基本的に誰とやっても、合わせることはできるとは思っています。今まで色んなタイプの選手とやっているので。相棒が誰かというよりも、中盤でパスを出す選手のほうが重要だと思っています。

岸野さんと一緒にできてよかったと思っています。チームメイトを思いやったり、そういう面でも勉強になりました。サッカーはチームスポーツですが、個人スポーツ的な要素もある。そういう部分で岸野さんからチームを引っ張っていくことや、思いやることを教わりました。今まではそういう気持ちは僕にはなかったので(苦笑)。岸野さんや、カズさんからそれを学びました。


大黒くんについては、ガンバや代表で活躍していた良いイメージがあります。万博でハットトリック・・ってありましたよね。
そして犬好きであること。
オープンな性格で、外国のチームでも馴染んでいたこと。
要するに大したことは知りません。身長ですら、こんなにあったっけ?と思ったくらいです。

そのまんま受け入れて、よく来たね!一緒に頑張ろうねって言うだけです。

チームメイトへの思いやりより自分をどうやって生かすかに注力していた姿勢はFWとしては良かったのかもしれません。

岸野さんやカズさんからもっと大きな人間になることを学んで、若い選手が多い東京で下に気を配りすぎて、いい人だけど点取れないことになりませんように。

大黒くんの加入で他の選手、特にFWの皆さんにはいい影響があるといいなと心から願います。

岸野さん、大黒くんを出したら苦しいでしょうに、高いレベルでやれと言ったのですね。

大黒くんのブログもあります。
文章力が発言に追いついていかないのは、うちの要の人と同じです^^
[PR]
by inadafctokyo | 2010-06-23 00:56 | FC東京


<< デンマーク対策はこれだ! サッカーって素晴らしい >>