ヤマザキナビスコカップ 京都戦

午前中は田んぼで畦ぬり(くろぬり)<畦つけ(くろつけ)とも言います>でした。
土と水をこねて作った泥で田んぼの周囲の壁と畦を作っていきます。1年経った田んぼは土で作った縁が崩れたりしていますから、土を盛って固くし、水漏れを防ぐようにしないといけません。
手作業ですから、小さい田んぼでもなかなかやりがいのある作業でした。
c0068891_0301588.jpg

わたしはお昼で先に失礼させていただきました。
一度家に帰ってからと思っていたのですが、駅を越えていくのは面倒になってそのまま味スタへ。
簡単に泥を落としたとは言っても、よく見ると”あなた何していたんですか?”といういでたちです。足にも顔にも服にも泥がついているし、やれやれですよ。

京都戦は1-0で勝利。また1点しか取れなかったのですが、勝たないと予選突破が厳しくなる状況で勝ったことはまず”良し!”と思います。勝たないといけない試合で勝つ、重要ですよね。

ヨングンよく打った。

そして梶山が良かったですよ。よくあんなことできるなーと思うプレイがいくつも。
そういう時、ぱっとイメージしやすいのでつい「ジダンみたい」と言ってしまいます。
「梶山みたい」と言われるように!まあ、変態と称されるのは梶山以外にはいないような。

c0068891_042988.jpg
右側の黄色い人はほとんどの大事なことを見落としていたような気がするのですが・・・。


セレッソ戦行きたくなりました。でもその日のうちに新幹線で帰ってこれませんからねー。無理かなー。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-06-07 00:46 | FC東京


<< USTで観た試合、劇的な勝利で泣く お待ちかね?天橋立 >>