ナビスコ杯予選第1戦 ホーム対名古屋

ねむいー

試合後はリブリに寄ってさっき帰宅しました。
もう眠くてダメダメ状態ですが、明日も帰りが遅くなるので今日の試合については簡単に。

中二日の影響とは誰も言わないと思いますが、後半の30分過ぎたあたりから、どう見ても前の選手の動きが鈍くなってきた。そんな中でもロスタイムにチャンスを作って追いついたことは大きいと思います。
まるで勝ったように笑顔の多い東京ファンと、対照的に無言の名古屋ファン。
でも、どっちに転んでもおかしくない試合だったと思います。

城福さんは、23日の練習前のミーティングでは「まだ日本に存在しないチームを目指したい。例えば進化形が鹿島、最終形がガンバ大阪、そういうふうには全く思っていない」と話したそうです。そしてナビスコをその目指すもののために”成長し続けるための大事な試合”と位置づけています。(エルゴラ)

そんな目指すものが形はまだまだでも見えるような気がしませんでしたか?

徳永はボランチとして明らかに進化していますよね。本人も面白さがわかってきたと話しています!
羽生さんとのコンビも説得力を持ってきたのではないでしょうか。

キムはどうですか?前回より良かったと思います。

今ちゃんはCBとして屈指の存在ですが、チーム戦術で前へ上がったときも生き生きと仕事をします。
今ちゃんのたまにボランチ「たまぼら」は今後、武器になるかも。

すごく良かったわけではありませんが、戦えるチームになってきたと思います。

それに重松健太郎。どう!?クラブサポートにお金出そうという気持ちになるでしょう!
健太郎がゴールするたびにクラブサポートの口数を増やすという人が明大前にはいっぱい(言いすぎ?)いるんですよ。
彼の余計なことを考えないプレイが周囲にもいい影響を与えていますね。
トーチュウ1面はまた重松だそうです。(エイプリルフールじゃありません)

次は川崎戦、楽しみに向かいます。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-04-01 00:45 | FC東京


<< 勝ったかと思っちゃったよね~ ファンクラブ通信 >>