大宮の桜

c0068891_23261688.jpg
大宮駅でチケットの受け渡し。都合であまったチケットを譲っていただいて、連れ合いはナクスタ初参戦でした。
一の宮通りでギター演奏をしていたので見物。曲はアンジー。スタジアムが目的の人は足を止めずに歩いていく。のんびりしている私たちは待機列のかなり後ろの方でしたが、席はバック側の上層に取れました。
c0068891_23421581.jpg
今日だけの限定販売。38cmのホットドック。380円。038でオーミヤだそうです。オーミヤ頂きました。
c0068891_2344791.jpg
相変わらずビジター側の売店は大変な行列。ビール1杯にありつくのに10分はかかったような。
c0068891_23452633.jpg
ホーム側のみなさま。塚本選手いらしていたのですね。大宮サポーターの塚本泰史コールと東京サポーターのユルネバ。この日のユルネバは東京のためだけのものではありませんでした。
c0068891_2355339.jpg
・・・・・・・・・・・
c0068891_23554070.jpg
今日の印象的な人その2。おとうさんと一緒に選手紹介で小さな手を掲げていました。とてもかわいい。
c0068891_23582067.jpg
前半10分ほどでアンヨンハが羽生に対するファウルでいきなりレッドカード。何がなにやらわからないうちに・・。よほど悪質なプレイだったのでしょうか。この後マトが主審への抗議でイエローをもらい、前半終了間際にまたも羽生に対するファウルで2枚目のイエロー。前半で2人退場という展開。大宮選手は主審を取り囲み、サポーターは怒りの声を主審めがけて投げつけるという嫌な雰囲気になりました。前半だけで5枚ものカードが乱れ飛ぶ展開に、どうなることかと思いましたが、後半は大宮も切り替え、主審もペースを落とし心配していたような荒れ方はしなかったのですが、何かリズムが崩れた前半。そして攻めても攻めてもゴールが決まらない後半。
c0068891_0121573.jpg
シュートって決まらないときは決まらないものなんですね。打っても打っても、30本以上打ったらしいですね。北斗のシュートは悉く相手選手に当たり、今ちゃんのシュートも枠を捉えられず、もしやもしや、2人少ない相手にスコアレスとか?あのクビになった高校野球の監督みたいなコメントをわたしもしてしまうのかと思い出した後半15分、ようやく今野のシュートが決まりました。あーーーー良かった。
c0068891_0175092.jpg
2点目は長友からのクロスを重松健太郎が頭で決めて追加点。重松は初出場、初得点。重松の独特の動きがちゃんと通用した場面があったのが嬉しかった。これから壁にたくさんぶつかると思うけれど、みんな期待しているから大きくなってほしいと思います。
c0068891_0272410.jpg
相手は2人少ないし、決めなきゃ点取らなきゃとばたばたした時間帯が続き、ボールがピンボールゲームのようにめまぐるしく行ったり来たりしても、というかだからこそというか、決まらない。ちょっと難しい選択をしてたかなぁ。
c0068891_0345233.jpg
初シャーの人。キングの素質はいろいろあると見ました。
c0068891_0354370.jpg
そして試合後は大宮公園で無理矢理な花見。まだ三分咲きといったところで寒くもあるし、地元の人たちのお花見人口も非常に少なく、青赤な人たちもそんな酔狂な人はいません。でも雨さえ降らなければ桜があれば絶対に花見はするべき。この日の桜は二度と見ることはできないのだから。
美味しいお酒を頂きました。お付き合いいただいたみなさま、ありがとうございます。


※すぐ近くに大宮サポのみなさまのお花見グループが。しかもお誕生日の方。いや、さんざんなお誕生日でしたが、こちらかも盛大にお祝いさせていただきましたよ。
また、よろしく。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-03-29 00:42 | FC東京


<< エルゴラもトーチュウも 青赤なオフ会その4 >>