代表にがっかりして・・・

代表のことでがっかりしてブログが更新できない(半分ほんとで半分うそ)
人間は半分の真実と半分の嘘でできている。
実はいまだに実家のネットが開通できない。来週末になる予定。一番必要な時に使えないとはまさしくツカエナイ。
そこで携帯でアップしようとしたら、容量オーバーでアップできず画像を削除しようとしたら全て削除して、昨夜はグーの音も出ずにベッドに倒れこんだのだ。

そしてJBアンテナを見たらナオの日記と並んでいたので、ますます更新できなくなったりして・・・。

喜多方の大地は白い雪で覆われ眩しいほどだった。空気は氷の結晶を散りばめて輝き、風は不純物を許さないほど冷たい。それに比べれば東京の寒さは曖昧で中途半端でじめじめしている。しかも国立には昼も夜も晴れない重い空気が蓋をしていた。

タイトルのかかった試合で国立で韓国に惨敗。それだけでクビに値すると私は思っている。
なんで「ベスト4」だったんだろう。どれだけあの人たちがファンやサポーターの心から離れているかわかる。岡田監督は“はずみ”みたいな言い方をしていたけれど、商魂逞しい電通や何かがはっきりした目標を掲げたかったのではないかなんて疑う。
順位は多分、あの人たちには大事、何かわからない今後のことがきっとかかってきているのだろう。わたしとしてはわたしたちの代表がやりきってくれれば何位でもいい。できれば予選突破してほしい。こういうやり方なら将来の日本のサッカーのためになるとか、ならないとかわからない。でもW杯でまた全敗だったりしたら、しかも内容的にもみるものがなかったりしたらダメージが大きいことはわかる。
その時に世間はどうでもわたしたちは諦めない。諦められない。既にもう首まで浸かっている。
その時にあの人たちはしれっとまた言い逃れをするのだろう。それを許すわけにはいかない。わたしたちは逞しい強いサポーターになる。選手にもそれを望む。どんなことがあっても前を向いて、できれば笑顔で進もう。わたしたちは一人じゃない。

この悪い時代をなんとか最小限の被害で乗り越えて、次にはきっといい時代がやってくる。それは座して待っていて来るわけでは決してないけれど。だって、ほらあたしたちにはクラブがあるから。それぞれのクラブが。



*お知らせ*FC東京熱烈サポーターもっさんが明大前リブリと大阪で一人芝居をやります。
「ピッチサイドの男」
平日がまだ空いているので、みなさんぜひいらしてください。
リブリのおしらせ
[PR]
by inadafctokyo | 2010-02-18 15:04 | サッカー


<< 瀬川康男さん 大和川ツアー 喜多方 >>