生まれた日

c0068891_21295283.jpg

今日は誕生日でした。
朝からtwitte上で沢山の人にお祝いの言葉を頂いて、暖かい気持ちになりました。
このところは実家のことで気にかかることがあり、自分のことは後回し。こどもが家にいないとなおさらです。

母も今年はもう私の誕生日を覚えていません。でも、私が娘だということを忘れていないだけ結構なことなのです。

今日TLに並ぶおめでとうを見ていて、ある人の言葉を思い出していました。
誕生日は親に感謝する日。
自分の為ではなく、産んでくれた親に感謝する日と思えば、1年1年が大事です。
今月中に母と食事に行こうと思いました。


そして昼過ぎには事務所のスタッフたちからプレゼントが。
それが写真の日本酒「獺祭」です。
最近とみに評価を高めている山口県岩国市の旭酒造の酒です。

獺が魚を捕らえ供物のように川岸に並べる習性を持つことから、書物を好んで読み、引用したり、詩文を作ったりする人のことを獺祭、または獺祭魚と言います。

本が大好きでいつも平行して何冊か読み、ベッドの周りに並べておく私にぴったりの選択です。

獺祭と言う名前を酒に付けたのは、旭酒造の所在地が獺越と言うこと、そして正岡子規の俳号からだそうです。


今日おめでとうと言ってくださった皆さんありがとうございます。

小さな一言も大きな意味を持つことがありますね。
[PR]
by inadafctokyo | 2010-02-09 21:29


<< 青赤なオフ会ご案内 極寒の地より生還 >>