ぐだぐだ言ってみる

さすがに12月は慌ただしくて、思うことはあってもブログを更新する暇がない。

少し前の東京中日ではブルーノの契約延長は間違いないかのような記事が出たので、安心していたら、急転直下退団との報が出た。その理由は強化部長も認めているように、クラブからの年俸の条件が低すぎたことのようだ。

昨年ならともかく、今期のブルーノはリーグ戦23試合に先発、ナビスコ杯予選から決勝まで8試合に出場、優勝に貢献し、天皇杯3試合に出場した。これで大幅減の提示であれば、プロとしては退団という選択肢しかないと思う。
結局、言われているようにオファーを出している日本人の若い選手と現有日本人選手に手厚い条件を出すために切ったも同然と言わざるを得ない。
大変残念だ。噂になっている選手が来ても来なくても、納得がいかないことは納得がいかないと私は言いたい。大人の事情とかわたしにはないったらない。なんだい、なんでもかんでも金がない金がないってさ。
大体、ブルーノがいなくてちゃんと計算が立つのか。(茂庭には期待しているが、そのモニは大丈夫?)監督の意向は聞いたのか。ホーム最終戦で“クラブの事情”なんていう言葉が監督の口から出るくらいだから、押して知るべしとは思うが。
てっきり家族の事情と推察していたのだが、引き続き日本でのプレイを望んでいるということなので、いいチームが見つかってほしいと思う。

とは言いつつも新潟戦後の宴会場所をやっと確保した私だ。あっちこっち当たってどこも満席。恐るべしイナゴだ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-12-04 15:20 | FC東京


<< 保険はやっぱりかけておくべき-新潟戦 ホーム最終戦は歓喜と涙 >>