びゅーんと飛んでく鉄人・・・

神戸市の長田区に鉄人28号の実物大モニュメントが完成した。
大きく足を広げ左腕を引き、力強く右腕を前に突き出している(そういえばシャーに似ている)その鉄人の映像を目にした時は心が震えた。少しだけお台場のガンダムに大騒ぎした人たちの気持ちがわかるような気がした。
背中に背負ったジェット、尖った円錐形の鼻、感情を現すことはないその眼、丸い胴体、力こぶし、全てが覚えている鉄人そのままだ。

当時、ヒーローは無骨なロボットよりも鉄人を操る金田正太郎だったように記憶している。半ズボンをはいたこどもであるにも関わらず、頭脳明晰、車の運転や拳銃も扱うなどコナン君顔負けの存在だった。性格もあまり子供っぽくなく落ち着きを見せる。いや、こんなこども気持ち悪いや。

ロボットとしては勿論鉄腕アトムの完成度には敵わない。しかしリモコン次第で悪の手先にもなってしまう鉄人の目には、戦時の秘密兵器として開発された悲しさが宿っているような気がして、その破壊力とぎごちなさは子供心に十分魅力的に映った。
鉄人28号は圧倒的な力で犯罪者や悪いロボットをなぎ倒す。彼には葛藤や悩みは無縁であり、目的や結果についても同様だ。ただ最大限の力で悪に与する全てを破壊する28号にカタルシスを感じていた。

何も考えずに、ただ5年もの間悔しい思いをしてきた私たちのために、圧倒的な破壊力で全てをなぎ倒すようなプレイヤーがどこかにいないものでしょうか。

c0068891_1552963.jpg

[PR]
by inadafctokyo | 2009-11-09 15:05 | FC東京


<< 思案橋ラーメンの皿うどんが食べたい! 小平祭り~ >>