ナビスコ大分戦

あららー、スコアレス・ドローってやつ。

前半のリズムが良かった時に決められなかったのが全て。
大分が1人退場になってからは、もうしっかりゴール前固められていたし。

試合後にはブーイング。プレシーズンマッチ川崎戦と今回と、ほぼ1ヶ月の間に2回もブーイングって違和感あるなー。それほどひどい内容だったでしょうか。
柏戦の時から比べると修正してきたでしょう。
勝たなきゃつまらないって駄々っ子みたいなこと言ってませんかね。
もちろん、相手に引かれてスペースがなくなって、それでもどうするかっていう課題はあります。
でも、ちょっとずつ進化してきたチームじゃないですか。漸進漸進また漸進。ちょっとずつって言うけど6年でここまで来たんですから。
土曜日のブーイングに愛はあったかなー。

阿部ちゃんが後半交替させられたら、東京のサポーターからすごい勢いでブーイングやらエエーーー!!という不満の声が。大分の監督に告ぐ!味スタに何のためにやってきた!サッカーの監督にはもっとサービス精神がないといかん。高松は引っ込めといて阿部ちゃんをFWで出せばもっと盛り上がったのに!
しかし、ジョーさんにしっかり抑えられてたな。私生活と同様だ。
[PR]
by inadafctokyo | 2005-03-27 23:11 | FC東京


<< 野菜 さー次、次 >>