夕焼けがきれいだったガンバ戦

c0068891_23224335.jpg
夕方に西の地平線が赤く見えることを夕焼けというのね。
なぜ赤く見えるかというと光の入射角が関係していたと思う。
試合中に空にしばらく見とれてしまう。それくらいまあ、完成度の高い試合だったわけ。(ものは言いようだよねー)

達っちゃんは良かった。悪くない、これからもFWで使える。赤嶺も悪くはなかった。
ただ、全体通してシュートが少なかった。東京は8本、ガンバが15本。
赤嶺が2、スズタツが0、ナオが最も多い3だ。それだけガンバが厳しい守備だったと言えるのかもしれない。
守備は両方とも良かった。

序盤のチャンスをナオが決めていれば、と思うが、毎回毎回ナオ頼みだけでは・・・。

決してがっかりするような内容ではない。

ただ、やはりリーグ戦でもっと上に行きたい。行くべきだ。
それには点を取らないと。もっと早めにシュートまで持っていく場面もあってもいいかなと思う。

監督が全員の奮起を期待すると言っていた。

先日の試合に出ていなかった選手も含めて一層の奮起を期待したい。

本職のFWがなんでサブにも入れて貰えないのよ。ほんとにさぁ・・死に物狂いでやってちょうだいよ。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-09-20 23:52 | FC東京


<< マニュエル・ルグリ「エトワール... FC東京サポーターが食べちゃうぞ! >>