負けた上に土砂降りとは・・・

踏んだり蹴ったりとはこのことかとリブリで思いました。
現地の皆様、風邪などひきませんように。

どうせなら土砂降りになるのがもっと早い時間帯なら、鹿島・川崎戦のようにノーゲームになったのに・・。

2失点ともがえええーーと声をあげてしまうような。
ちょっと軽率なプレイだったのでは。

選手には長所も短所もあるので、良いところが出るときもその逆の時もってことか・・。

平山や梶山のキープ力、推進力は見ごたえがありました。


負けるとすぐに「カボレの穴は大きい」とかなんとかマスコミは言いたがり、勝ってりゃ穴は埋まったとか言うんでしょう。そんな単純な。

カボレの抜けた穴は埋まりません!
カボレの代役なんていないんです。
それぞれ、選手は自分の仕事をしなくちゃならないんです。

それはそうと、監督会見を読んで不審に思ったのですが、試合後にゴール裏は「カップを奪い取れ~」を歌ったんですか?
それはかなりな違和感でしょう。何を考えているのか理解に苦しみます。まだまだリーグ戦は続きます。
別にナビスコ決勝の調整のために戦っているわけではありません。
浮かれるのもいい加減にしないとね。

夜は「魚亥子」で飲もうと思ったら満席。
あたしたち、こっちに越して来てから1回も魚亥子に入れて貰ったことないんです。
毎回満席。ううううううううう


まっすぅがシュートを打っていたよ、2,3回。ほのぼのしました。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-09-13 00:14 | FC東京


<< 駒場で勝利! 胸スポンサーが・・・ >>