味スタから京都へ、そして明日は清水

土曜の試合を振り返る前にもう次の試合ですが・・・。
隣に座った人が退屈な授業に我慢しているこどもみたいな様子を示しだしたので、どうしようと思っていたら、大竹とナオとカボレが華麗に点を取ってくれました。その隣の人は“カボレがキーパーをかわしたぜ!”と大喜び。かわしたって言っても、あれだけ近ければいくらカボレでも。足もとに寝そべっていましたよ、西川は。
そして、早く笛吹けよーと思っていたら決まったヨネのすごいシュートに吃驚。

でも、その日は新宿から高速バスで京都に行く予定があったので、選手の挨拶を見ただけでインタビューもシャーも無しでまっしぐらに帰宅。バスではぐっすり寝られました。

翌日は10時から宮川町歌舞練場で藤舎名生(ふじのや めいしょう)門下の「笛 夏の会」へ。
カルチャースクールの生徒さん達から京の5つの花街に属する仕込みさん、芸舞妓さんたちまで日頃の稽古の成果を発表する場です。
最初の方に出るのはまだ始めて日が浅い人たち。後に出るほど手が上がってきます。
中には素人の私が聞いても吃驚するほど上手な若い人がいます。高校生くらいの男の子で、どうみても篠笛を手にするよりもボールを蹴っている方が似合いそうな子が目を見張るほど上手かったのには驚きました。
サッカーで言えば、U-18でもレギュラーでトップチーム昇格間違いなしっていう感じです。
邦楽界の重松くんだーーー。

名生さんは横笛の名手で、邦楽の古典だけでなく、クラシックやジャズの演奏家とも共演し、自ら作曲も手がけています。

夜はまっすうお薦めの焼き肉屋「海雲亭」へ。
西京極競技場のすぐそばにある支店でおいしい肉を頂きました。


明日は午前中仕事してからオフィシャルバスで清水へ行きます。
難しい試合になりそうですが、1点でもいいのでアウェイゴールが欲しいですね。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-09-01 14:43 | FC東京


<< 着いたよ 京都から >>