国見は坊主が良く似合う

平山のぼうず頭がやけに光っている小平から小鳥を飼っているおねえさんがレポートしてくれました。

ナオへのプレゼント攻勢はまだ止まない様子です。某若い選手によりますと、ナオのロッカー前が大変なことになっているそうで。

そして昨日はサハラ様の誕生日ということで、こちらもかなりなプレゼントが。
中でも素敵だったのが、ある方が「サハラ」という名の薔薇の花束を贈ったそうです。
淡いベージュの薔薇「サハラ」は希少品種で、どこのお花屋さんにもあるというものではありません。きっとわざわざ注文したのでしょうね。
そのことサハラ様はご存知でしょうか。
うーん、見たかったな、サハラとサハラさん。


国見の選手はぼうずが似合いますから、今日北斗がもし出るなら徳永も北斗もぼうずにして、FC東京のボーズ大中小揃い踏みでがっちり勝って欲しいものです。

現地のみなさんにサッカーの神様が微笑んでくれますように!


平山の坊主頭で思い出したのは、以前負けまくっていた時にみんなで坊主にしたことで・・・。
懐かしいって言っちゃアレだけど。
[PR]
by inadafctokyo | 2009-05-16 15:14 | FC東京


<< 罰せられた放蕩者と梶山の怪我 横浜戦不参加の理由 >>