眠気が覚めた

ベルディが株式会社協同に身売りとのニュースに、眠気が吹っ飛んだ。

株式会社協同は一般にはなじみが薄いが、ホームページによると刈払機、チェインソー、大型樹脂部品、精密ゴム部品、除雪機、プール清掃機などのロボット製品などを製造販売している会社。

社長の息子?が元読売クラブ所属のサッカー選手だったようだ。

80%の株式を取得しても500万だってんだから、安い株だねー。誰でも買えたじゃん。でも買っても後が苦労だけどね。

本社は墨田区だから、あっちに力を入れるのかな。

まったく別のクラブになってしまうわけで、なんか寂しさも・・・。

今後、劇的な変化を遂げる可能性もあるので、選手もフロントも落ち着かないだろう。


沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
[PR]
by inadafctokyo | 2009-02-09 14:45 | サッカー


<< 誕生日のいろいろ やってきた中の人 >>