言霊って信じる?

心底願うことがあれば、それを口にすると叶う。言葉には魂が宿る。
どうですか。それを実感したことがありますか?
今までは、体重を何キロ減らす!というように宣言をすると、やらざるを得なくなるので効果がある程度にしか思っていませんでした。

小平で青赤幕にみんなで選手やチームへの思い、願いを書き込みました。鶴を折りました。
口にすることにも重みがあるけれど、行動することが力になると思いました。
いつもと違うことを、少しだけ手間のかかることをやることで、思いが強くなる。そうして関わった人たちの思いやパワーが確かに集まっているんじゃないかって。

まあでも、浦和がさ、3冠なんて豪語したことがあったじゃありませんか。あれはどうなの?とも思いますが、あれはきっとそれほど本気じゃなかったんじゃないか、と思うことにします。あの人たちが本気で望んでいることは、実はそんな世俗的なことではなくて・・・。実はもう実現しているのではないかと感じることがあります。別に褒めていませんよ。

エルゴラの城福さんインタビューを読みました。あの人はとにかく本気の塊りだし、その“本気”が強い人です。それが周囲にも良い影響を及ぼしているのではないでしょうか。
わたしもそういう人間になりたいものです。
城福さんインタビューに掲載された円陣の写真の選手の表情もとてもいいものでした。

というわけで、元旦のチケット買ってきました。初めてです、決勝進出チームが決まっていない段階で買ったのは。
明日か明後日には小平に行って、青赤幕に何か書いてきます。わくわくするなー。
[PR]
by inadafctokyo | 2008-12-26 17:47 | FC東京


<< どんなことにも終わりが来るから 黄色いマフラーを忍ばせて東京の... >>